カブールの幽霊たちが、
自分たちの物語を語りはじめました


●『物語|カブールの幽霊』全3巻発行
長野の展覧会を記念して、『物語/カブールの幽霊』を発行しました。
一枚一枚の幽霊の絵には子どもたちそれぞれの思いや物語があります。
その彼らの言葉を聞き取って、3つのテーマに分けて絵本にしました。
この物語を読むと、これら幽霊の絵は、実は子どもたち一人一人の心の内に息づく、声にならない「言葉」にほかならないということに気づかされます。 つまり<カブールの幽霊>とは、「見る」のではなく「聞く」べきものだ、ということが実感としてわかって頂けることと思います。
おかげ様で、絵本は展覧会場でも多くのご好評を頂き、新聞紙上で書評も頂きました。より多くの方々の手に取って頂ければ幸いです。
●内容
  第1巻:友だち?
      それとも、いじめっ子?
第2巻:魑魅魍魎としての幽霊たち
第3巻:戦争の記憶と子どもたち     子どもを死傷する幽霊たち

アフガニスタンの子どもたちの描い た「カブールの幽霊」は、わたした ちが抱いている幽霊とはまったく異なる世界観に裏打ちされています。その幽霊たちのどれもが空想や夢物語だけで作り出されたものではなく、すべて子どもたちの真摯な眼差しによって捉えられた実像なのです。
たとえば、まるで「遊び友だち」のような幽霊たちや「いじめっ子」のような幽霊たち。 子どもを誘拐したり傷つけたりする悪霊や、子どもの内に残る戦争と爆撃の記憶。
さらに、地雷という得体の知れない ものへの恐怖を「魑魅魍魎」として描いてみせる、その彼らの感性とリアリティー……。
「カブールの幽霊」展を通して、それらの幽霊の絵と向き合うなか、わたしたちは、その幽霊一枚一枚が単にアフガニスタンという国の問題だけにとどまらない、現代が陥っている閉塞状況=不自由さに対するさまざまな問いかけにほかならないと気づかされました。
現代という合理主義社会の中で暮らしながら、わたしたちは、もしかしたら、いつのまにか目に見えない幽霊や悪霊に取り囲まれてしまっているのではないか……。そして、そんな幽霊など存在しないかのように、あるいは気づかないようにわたしたちは仕向けられているのではないか……。
「カブールの幽霊」たちの圧倒的なリアリティーは、わたしたちが見逃していた、わたしたち自身の幽霊や悪霊を見つけだす眼差しを忘れないように、と教えているようにも思えるのです。

品名:『物語カブールの幽霊』
   第1巻・第2巻・第3巻
価格:各巻/1200円 (送料別200円)
版型:CD版(128mm×144mm)
頁数:1巻128頁
   2巻112頁
   3巻136頁(全巻2色刷り)

ご購入を希望される方は、同封の郵便振替・払込取扱票をご利用下さい。
払込取扱票の「通信欄」にご希望の巻名と冊数とを書き添え、氏名/住所/電話等を明記してください。 また送付先を別に指定される場合は、その旨もお書き下さい。
振込通知を受け取り次第、商品を発送いたします。
尚、商品の内容や銀行振込等のお問い合わせにつきましては、下記までお願い申し上げます。
●払込み方法
郵便振替
口座番号:00100-2-353542
口座名称:NPO法人 Like Water Press
●お問合せ
特定非営利活動法人(NPO)
Like Water Press事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-17-2-110号
TEL&FAX:03-5394-8138
E-mail: info@likewater-press.org



←return