夢を育む一滴の水として


わたしたち Like Water Press は、《ファンタジー劇場キャラバン/Mobile Image Theater》という活動を行う特定非営利活動(NPO)法人です。
世界には戦争や災害によって、厳しい環境の中で「夢を見る」ことや「眼を輝かせる」権利さえも奪われた子どもたちがいます。《ファンタジー劇場キャラバン》はそのような子どもたちに「夢みるための糧や種」を届けるべく、自作のファンタジー映像作品を上映して巡る、というものです。
これらの<夢見るための種>となる物語(ファンタジー)が子どもたちの好奇心の芽に注ぐ一滴の水ともなり、彼らが自らの未来を描くきっかけとなれば、という願いのもと2003年に立ち上げられました。 2003年、パキスタンとの国境沿いのアフガン難民キャンプで巡演を開始。2005年には靴の支援活動も加え、アフガニスタンの首都カブールを中心に国内避難民の子どもたちや孤児、ストリート・チルドレンなどに夢の糧と靴を届けてきました。
現在まで出向いた上映地は30箇所、出会った子どもたちは20,000人以上、届けた靴は3,000足にのぼります。 わたしたちのプロジェクトの要はファンタジー作品の上映ですが、ほかにも以下の活動を展開しています。
いずれの活動も単なるモノの配給ではなく、モノでは埋められない誇りや夢を「あらかじめ奪われた子どもたち」に届けることを意図しています。



→next