At least 23 dead in massive explosion in police bus

Monday, June 18. 2007
AFGHANISTAN TIMES/Issue No:269

Kabul : Twenty-three police personnel, chiefly recruits and instructors, were killed and 38 injured in a massive explosion inside a police bus close to the police headquarters on Sunday morning. The attack occurred about 8 :10 a.m. and caused massive commotion in central Kabul, with ambulamces screaming in and out of the area, carrying the dead and the wounded. Body parts flew out and there was blood splattered all round.
In what is likely to be the most serious attack since the fall of the Taliban in 2001, the General Director of the Criminal Branch, Ali Sha Pakiyawal, told journalists that the explosion was caused by a suicide attack.
Many of the injured are said to be in a serious condition. The ministry of Public Health confirmed the figure of 23 dead, but said the number of injured was 52. Dr. Mohammad Amin Fatami said 20 of the dead were already discharged from hospital.
Officially the Taliban have taken responsibility for the "suicide attack", but investigators are looking at other angles as well.
Initially it was thought that a bomb had been placed in the bus in which 35 to 40 police personal were sitting.
Three vehicles, including the police bus which took the brunt, were destroyed in the explosion.
A suicide attack had killed four civilians in the capital on Saturday as well, when the attacker blew himself up trying to target an ISAF convoy. The Sunday attack was the sixth in the capital this year.


Afghanistan suicide blast's death toll largest since 2001

Tuesday, June 19. 2007
AFGHANISTAN TIMES/Issue No:270

Kabul = AP : The deadliest insurgent attack since the U.S.-led invasion of Afghanistan in 2001 destroyed a bus full of police instructors at Kabul's busiest transportation hub on Sunday, killing 35 people and wounding 52, officials said.
The enormous suicide blast, which raised the specter of an increase in Iraq-style bombing with heavy casualties, was at least the fourth attack against a bus carrying Afghan police or army soldiers in Kabul in the last year. The blast sheared off the bus' metal sidings and roof, leaving a charred frame.
"Never in my life have I heard such a sound", said Ali Jawad, 48-year-old who was selling phone cards nearby. "A big fireball followed. I saw blood and a decapitated man thrown out of the bus."
The explosion was the fifth suicide attack in Afghanistan in three days, part of a sharp spike in violence around the country.In the south, in Kandahar province, a roadside bomb killed three members of the U.S.-led coalition and an Afghan interpreter. The soldiers' nationalities were not released, but most in the coalition are American.
Condemning the Kabul attack. President Hamid Karzai said the " enemies of Afghanistan" were trying to stop the development of Afghan security forces, a key component in the U.S.-NATO strategy of handing over security responsibilities to the Afghan government one day, allowing Western forces to leave.
A self - described Taliban spokesman, Qari Yousef Ahmadi, said a Taliban suicide bomber named Mullah Asim Abdul Rahman caused the blast. Ahmadi called an Assosiated Press reporter from an undiscloded location. His claim sould not be verified.
Zemeri Bashary, the spokesman for the Interior Ministry, said late Sunday that 35 were killed and 52 wounded in the blast. Krazai's office said 22 police instructors died, indicating that 13 of the dead were civilians.
At least one person survived the 8 :10 a.m. bus blast. Nasir Ahmad, 22, a janitor at the police training academy, was sitting in the back of the bus when the bomb exploded. Speaking from a hospital bed where he was recovering from wounded to his face and hands, he said : "There were between 30 to 40 police instructors in the bus."
It was the only full sentence he managed to utter before stopping from exhaustion.
At the entrance to the hospital, a blue plastic trash can overflowed with the bloodied shoes and sandals of victims. Interior Ministry Zarar Ahmad Muqbal said initial indications were that a suicide bomber boarded the bus as it stopped to pick up police instructors at an open airbus station in central Kabul. Such a suicide attack would represent a sizable jump in lethality compared to more typical Taliban suicide bombings, which often kill far fewer people.
Maji. John Thomas, a spokesman for NATO's International Security Assistance Force, said it was too early to tell if the attack was a sign of more lethal bombings to come, or heavier involvement by Al-Qaida. NATO commanders have long predicted a rise in suicide attacks this year. A civilian bus was driving just in front of the police vehicle and was damaged when the bomb went off. A police officer at the scene said the civilian bus' position likely prevented more civilian casualties. Afghan government officials, police and army soldiers are commonly targeted by insurgents trying to bring down Karzai's U.S.-backed government, and buses carrying Afghan police and army soldiers are common targets.
In May, a remote-control bomb hit an Afghan army bus in Kabul, killing the driver and wounding 29 people. In October, a bomb on a bicycle exploded as a police bus went by in Kabul, wounding11. Lat July, a remote-controlled bomb blew up near Afghan army bus in downtown Kabul, wounding 39 people on board.
Police seem to be taking notice, and one officer suggested Afghans are beginning to equate police with danger rather than safety. " We are afraid now that the police are increasingly coming under attack," said Allah Bubani, a 22-year-old recent graduate of the police training academy who said he likely knew some of the instructors killed in the attack."
Nowadays the ordinary people are scared of the police, because they fear an attack on the force would also harm them."
At least 307 Afghan police, army or intelligence personnel have been killed in violence so far this year through June 15, according to an AP tally of figures from the U.S., U.N., NATO and Afghan authorities.
The European Union on Sunday took control from Germany of the Western mission to train Afghan police. The EU, which will have 200 police, law enforcement and justice experts at the Kabul training center, said the attack " does nothing to diminish our determination to maintain our support for the Afghan police force."
Sunday's death toll exceeded that of a September 2002 Kabul car bombing that killed 30 people and wounded 167.
Insurgency-related violence has killed more than 2,400 people in Afghanistan this year, mostly insurgents, according to an AP count based on figures from U.S., NATO, U.N. and Afghan officials.
Dr. Asadullah, a health worker at Jamhuriat hospital, said two Pakistanis, two Japanese and one Korean national were among those wounded Sunday. (AP)



●カブールで自爆テロ、35人以上が死亡

2007年6月17日19時28分配信
【AFP】首都カブール(Kabul)で17日、警察のバスが爆発し少なくとも35人が死亡した。警察当局によると、反政府武装勢力タリバン(Taliban)が犯行声明を発表したという。
爆発した45人乗りのバスは、警察官を乗せて警察学校に向かうところだった。車体は爆発で完全に破壊され、体の一部や肉片が広範囲に飛び散ったという。
地元警察はAFPの取材に対し、「一般市民も含め35人以上が死亡した」と伝えた。けが人も多数いるが、正確な数は不明だという。2001年末のタリバン政権崩壊以来最悪の被害となった。
爆発は警察本部の外、町の中心に近い人の多い市場の近くで起こった。付近にあったミニバス2台も被害を受け、通行人が巻き込まれたという目撃情報もある。
なお、タリバンの広報官は「自爆テロだ」とAFPに伝えた。カブール西部では前日にも自爆テロがあり、3人が死亡している。カブールでは今年に入り、5件目の自爆テロが発生している。


●アフガンでテロ・35人死亡、邦人も負傷

6月17日 23:48配信
TBS News

アフガニスタンの首都カブールで17日、警察のバスを狙った爆弾テロがあり、35人が死亡し、また、近くに居合わせた日本人2人がけがをしました。
爆発があったのはカブールの中心部を走っていた警察のバスの車内で、市民や警官ら少なくとも35人が死亡、50人以上が負傷しました。
この事件で、近くを車で通りかかった日本人の男女2人が巻き込まれ、けがをしました。
けがをしたのは、NPO法人「ライクウォーター・プレス」の関係者で、今月上旬、アフガニスタン入りし、子どもたちの教育支援などを行っていたということです。
現地の日本大使館によりますと、けがをした50代の女性は軽傷で、60代の男性は右腕を骨折し手術を受けましたが、命に別状はないということです。
爆発について旧政権「タリバン」のスポークスマンは、タリバン兵が車内で自爆テロを行ったと犯行を認めています。


●カブールでバス爆発、日本のNPO関係者3人が負傷

2007年6月18日00時22分配信
朝日新聞

アフガニスタンの首都カブール中心部で17日朝、警察学校のバスが爆発し、内務省によると少なくとも警察官ら35人が死亡した。01年のタリバーン政権崩壊後、首都で発生したテロとしては最大規模。日本の外務省などによると、NPO法人「ライクウオーター・プレス」(東京都)の関係者3人が爆発に巻き込まれて負傷したが、命に別条はないという。
負傷者の一人、東京都三鷹市の吉田信行さん(65)は右腕などを骨折。収容先の病院で朝日新聞の取材に「パーンという音とともに爆風が起きた」などと話した。外務省によると、同行していた50代の女性が軽傷を負って治療を受けた後、退院。一緒にいた韓国籍の人も軽傷という。同法人は現地の子どもたちを支援するツアーを企画し、スタッフら10人ほどでアフガニスタンを訪問していたらしい。
反政府勢力タリバーンは「乗客を装ったメンバーが自爆攻撃を敢行した」と犯行を認めた。


●アフガン爆弾テロ2邦人負傷/警察バス標的、巻き添えに

2007年6月18日07時配信
日本経済新聞

【カブール=共同】アフガニスタンの首都カブールの警察本部で17日朝(日本時間同日午後)、警察のバスを狙った爆弾テロがあり、内務省によると、警官ら35人以上が死亡、30人以上が負傷した。在アフガン日本大使館によると、近くを車で通り掛かった日本人男女2人が負傷し、男性が重傷のもよう。女性は軽傷で、いずれも病院で手当を受けた。旧政権タリバンの報道官は自爆攻撃を行ったと述べ、犯行を認めた。
同大使館によると、2人は60代の男性と50代の女性で、東京の特定非営利活動法人(NPO法人)「Like Water Press(ライクウォーター・プレス)」の関係者。病院関係者は、男性が腕や腹部を負傷しており、手術を受けたと語った。
カブールでの自爆テロなどによる死傷者数としては、2001年のタリバン政権崩壊後最大規模。

ファンタジー映像や靴贈る活動 NPO
日本人2人を含むメンバー5人がテロに巻き込まれたNPO法人「Like Water Press」(東京都豊島区)代表で現地に滞在中の陳富子さん(41)は、「現場はかなり混乱した様子。メンバーの命に別状がなかったことを感謝している」と話した。
陳さんによると、同NPO法人の日本からのメンバーは9日に現地入り。パキスタン人や現地スタッフとともに現地の子供にファンタジー映像を見せたり、靴を贈る活動を行っていたという。
17日は、支援していた子供の絵の展覧会が開かれる美術館に車で向かう途中、被害に遭ったという。


●<バス爆破テロ>軍事用爆薬使用か…邦人ら証言/カブール

6月18日14時59分配信
毎日新聞

【カブール=栗田慎一】アフガニスタンのカブールで17日に死者35人以上を出した自爆テロは、現場の状況からTNTなどの強力な爆薬が使われた疑いのあることが治安当局の調べで分かった。TNTは地雷などに使われる軍事用爆薬。骨組みだけを残して吹き飛ばされたバスの真横でワゴン車に乗っていたNPO(特定非営利組織)「ライクウォーター・プレス」(東京都豊島区)のメンバーらが、地獄絵図と化した現場を振り返った。ドンという太く短い爆発音は、きのこ雲とともに朝のカブール市内の空気を震わせた。
ワゴン車にはこの時、日本からの3人とパキスタン人2人、アフガン人運転手1人の計6人のメンバーが乗っていた。この日から市内で開催予定の、元アフガン難民の子どもたちを支援する絵画や映画の展覧会の開会式に向かう途中だった。
警察学校の教官らを乗せたバスが右側の路肩に停車中だった。その真横を通り抜ける途中、バスの前方から突然小型の乗り合いバスが飛び出した。「おかしいなと思ったら、右側から経験したことのない音と風にさらされた」。メンバーの一人は証言する。
ワゴン車の窓ガラスは砕け散り、フレームはゆがんだ。6人のうち最後部の右側座席にいた60歳代の日本人男性1人が、右腕を骨折する重傷。あとは軽傷だったが、全員が髪を焼かれた。
「みな割れた窓からはい出した。自分の服を見たら真っ赤。路上は血と肉片の海だった」。50歳代の日本人女性は話す。
犯行声明はロイター通信によると、旧支配勢力「タリバン」が出した。この日は警察学校でドイツなどが支援していた研修プログラムの修了式が予定され、教官たちは会場に向かう途中だった。
一方で、軽傷だったメンバーらはパキスタン人スタッフがいたことから、治療が終わった直後から約4時間も内務省関連施設で事情聴取を受けた。アフガンの治安悪化をめぐってパキスタンとの関係が悪化していることが背景にあるとみられるが、メンバーらは仲間を疑われたとの意識から「とても悲しい気持ちだ」と漏らした。


●カブールでバス爆発、日本のNPO関係者3人が負傷

2007年06月18日00時22分配信
朝日新聞

アフガニスタンの首都カブール中心部で17日朝、警察学校のバスが爆発し、内務省によると少なくとも警察官ら35人が死亡した。01年のタリバーン政権崩壊後、首都で発生したテロとしては最大規模。日本の外務省などによると、NPO法人「ライクウオーター・プレス」(東京都)の関係者3人が爆発に巻き込まれて負傷したが、命に別条はないという。
負傷者の一人、東京都三鷹市の吉田信行さん(65)は右腕などを骨折。収容先の病院で朝日新聞の取材に「パーンという音とともに爆風が起きた」などと話した。外務省によると、同行していた50代の女性が軽傷を負って治療を受けた後、退院。一緒にいた韓国籍の人も軽傷という。同法人は現地の子どもたちを支援するツアーを企画し、スタッフら10人ほどでアフガニスタンを訪問していたらしい。
反政府勢力タリバーンは「乗客を装ったメンバーが自爆攻撃を敢行した」と犯行を認めた。


●爆弾テロ、NPOに冷水 アフガン子供支援で訪問中

2007年6月18日
朝日新聞

アフガニスタンのカブールで17日、35人以上の命を奪った自爆テロは、現地で子供の支援活動を続けている日本のNPO関係者も巻き込んだ。治安を狙う警察や軍を狙ったテロが相次ぐアフガンの治安は悪化の一途をたどっており、援助団体にも影響を及ぼしている。
現地の日本大使館などによると、現場は、警察本部や市場に近いカブール中心部の大通り。爆発が起きた朝8時すぎは、通行人や車の通行量も多かったという。現場近くにいた男性は「聞いたこともない爆音の後に、大きな火の玉が上がった」とAP通信に語った。
外務省などの情報によると、NPO法人「ライクウォーター・プレス」のメンバーらは10人ほどでアフガンを訪問中。その一部が現場付近を車で通りかかって、爆発に巻き込まれたという。AFP通信によると、爆発直前に、日本人とパキスタン人が周辺を撮影していたとの目撃情報もある。
東京都内にある同団体の事務所で留守を預かっていた女性によると、団体の主要スタッフは3人で、いずれもアフガニスタンに行っているという。現地にいる同団体の代表の陳富子さんから日本時間の午後6時ごろ、連絡があり、「自分は大丈夫。しかし、他の2人は自分とは別に行動していて、けがをしたようだ」と話したという。
ホームページなどによると、同団体はアフガニスタンで戦乱を体験した子どもたちに、夢や想像力を与えようと、現地の孤児院や国内避難民キャンプで映画を上映したり、子どもたちに絵を描かせたりする活動を続けている。今回は、8〜22日の日程で陳さんらが現地入りしているという。
外務省はカブールなど都市部に「渡航延期勧告」、それ以外に「退避勧告」の危険情報を出している。05年8月には南部カンダハル州で、旅行中の日本人教論2人が殺害される事件があった。
アフガニスタンに3人の日本人スタッフを派遣しているNPO法人「難民を助ける会」(東京都品川区)の堀江良彰事務局長は、現地に安否確認を入れた。「国際社会や援助団体の関心が薄れ、それが治安の悪化をもたらしている。事件を機に支援が引いてしまうのが心配だ」と話した。


●警察バス狙い自爆テロ 35人死亡、邦人男女2人負傷

2007年6月18日00:44配信
産経新聞

【バンコク=岩田智雄】アフガニスタンの首都カブールで17日、警察学校のバスが爆発し、AP通信によると警官22人と市民ら計35人が死亡した。負傷者は35人に上り、日本人の男女2人もけがをした。カブールで起きた爆弾テロでは、2001年のタリバン政権崩壊後、最悪の事件。タリバンは爆発後、自爆テロによる犯行を認める声明を出した。
爆発は同日朝、出勤ラッシュで込み合う地元警察署前のターミナルで発生。バスに乗っていたのは新任の警官が中心とみられる。ロイター通信によると外国人では日本人のほか、パキスタン人2人と韓国人が負傷した。
在アフガニスタン日本大使館によると、けがをした日本人は、現地で子供の教育支援などに取り組む「Like Water Press(ライクウオーター・プレス)」の活動に参加している60代の男性と50代の女性。男性が右腕を負傷しており、手術を受けた。女性は軽傷。2人はたまたま別の車で付近を通りかかり、爆発に巻き込まれた。
アフガニスタンでは、タリバンによる治安当局者を狙ったテロが相次いでおり、今年に入ってのアフガン人治安当局者の死者は300人以上に上っている。


●アフガン全土、治安悪化 米、イランの関与疑う

2007年6月18日22時12分配信
朝日新聞

【カブール=北川学】反政府勢力タリバーンが攻勢を強めるアフガニスタンの治安悪化が、全土に広がりはじめた。首都カブールでは2日連続で自爆テロがあり、17日には日本人も巻き込まれて負傷した。比較的平穏だった北部でも自爆テロが続く。アフガンで「テロとの戦い」を推し進める米国は、イランがタリバーンを支援しているとの疑いを強めている。
35人が死亡した自爆テロ現場に遭遇して重傷を負った東京都三鷹市の吉田信行さん(65)は、事件から一夜明けた18日、朝日新聞の取材に、終始目を閉じたまま「この程度で済んで不幸中の幸いだった」と話した。吉田さんは、東京NPO法人「ライクウォーター・プレス」のアフガン視察ツアーに参加していた。
「治ったら再び訪問し、困っている人を助けたい」。入院先の病院でレントゲン検査を受けた結果、全治6カ月という。
カブールでは16日にも国際治安支援部隊(ISAF)の車列を狙った自爆テロで4人が死亡している。今年、アフガンで発生した自爆テロは少なくとも67件。136件と最悪だった昨年を上回りかねないペースだ。
南部の山岳地帯でひそかに再組織化を進めたタリバーンは昨年来、再び息を吹き返した。特に南部は社会インフラの整備が遅れ、職もない。将来に失望した若者がタリバーンに合流しはじめたといわれる。
さらに17日、東部パクティカ州で駐留米軍などが武装組織の潜伏先とされるイスラム神学校を空爆して子ども7人を殺すなど民間人への誤射・誤爆も多発。人々の反米感情が結果としてタリバーンへの支持を強める。
タリバーンは5月、米軍やISAFなどに対する自爆テロや仕掛け爆弾、待ち伏せ攻撃を強めると予告。比較的治安がよく戦後復興も順調に進んでいた北部でもテロが増えはじめた。
16日にあった民間人2人が死亡したテロなどはタリバーンに呼応するイスラム保守派のヘクマチアル元首相の支持者が関与した疑いが強い。ただ、北部一帯を支配する軍閥のドスタム将軍(ウズベク人)とカルザイ大統領(パシュトゥン人)の反目も治安悪化の一因となっている。
ウズベク人が中心のドスタム氏の支持者は、大統領が任命した北部ジョズジャン州知事(パシュトゥン人)を快く思っていない。5月末、知事解任を求めた住民と警官隊が衝突。一歩間違えば、内戦時代のような「民族対立」が再燃しかねない状態だ。
一方で米国は、アフガンの西隣イランがタリバーンを支援していると神経をとがらせる。「イランからアフガンに武器が流入している」。4日、カブールを訪問したゲーツ米国防長官は記者会見で語った。アフガン治安当局やISAFもイラン製とされるライフル銃や地雷などを押収している。ただ、イランはアフガン復興を支援しており、アフガン政府は火消しに躍起だ。ワルダク国防相は「(国際テロ組織)アルカイダや麻薬マフィアなど他のルートから入ってきたのではないか」と米国の見方を否定した。


●カブールの警察バス爆破テロ、容疑者の男1人を拘束

2007年6月18日23時3分配信
読売新聞

【ヘラート(アフガニスタン西部)=佐藤昌宏】アフガニスタンの首都カブールで35人が死亡し、日本人ら多数が負傷した警察バス爆破テロ事件で、同市警察当局は18日、容疑者の男1人を拘束したと発表した。
容疑者は、事件直後の現場の様子を撮影していて拘束され、AFP通信によると、事件への関与を伺わせる書類を持っていたという。容疑者の携帯電話には、今年5月に殺害された旧支配勢力タリバンの最高幹部、ダドゥラ司令官の写真も保存されていた。


●アフガニスタン―治安の悪化が心配だ

6月19日
朝日新聞/社説

アフガニスタンの首都カブールで、大規模な自爆テロがあった。警察学校のバスが爆破されて35人が死亡し、日本のNPO関係者3人を含め、多くの人が巻き添えで負傷した。
旧支配勢力のタリバーンが犯行を認め、テロの続行を宣言した。自爆テロは各地で頻発している。イラクの惨状の陰にかすみがちだが、アフガンも深刻な状況にあることを思い知らされた。
国連事務総長の報告書によると、昨年9月以降、アフガンでは77件の自爆テロがあった。実行犯には国外出身者も含まれ、チェチェン人や中央アジアのウズベキスタン人が自爆志願者を訓練しているとの情報もある。
9・11テロの後、すぐに米国はアフガンを攻撃し、タリバーン政権を倒してテロ組織アルカイダも追い出したはずだった。だが、いつの間にかタリバーンが勢いを盛り返し、イスラム過激派がうごめく国に逆戻りしてしまった。
国際社会が手をこまぬいていたわけではない。欧州諸国を中心に治安支援部隊を派遣する一方、国家を再建するために巨額の資金が注ぎ込まれた。日本の援助だけで10億ドルを上回る。復興はそれなりに進んでいる。
にもかかわらず、タリバーンが勢力を回復したのはなぜか。一つには、国民の多くが暮らす農村の復興が思うように進んでいないことが挙げられよう。
雨が少ないこの国では、灌漑(かんがい)施設が農民の命綱だ。それが20年を超える戦乱でずたずたになった。修復が急務なのに、資金が十分に回っていない。
追いつめられた農民は、実入りのいいケシ栽培に回帰しつつある。昨年、アフガンのケシ栽培は前年の6割増になり、世界のアヘンの9割を供給すると言われるまでになってしまった。麻薬取引からの収益とイスラム圏からの資金が、タリバーンを潤している。
イラク戦争の影響も大きい。タリバーンの残存勢力の掃討はずっと、米軍が主体になってきた。だが、イラク情勢の悪化で米国は兵力をイラクに回した。
その穴を埋める形で、昨夏から国際治安支援部隊がパキスタン国境沿いの地域に展開し、タリバーンと戦い始めた。英国軍がイラクでの戦死者を上回る犠牲を出すなど苦戦を強いられている。
それでも、治安の確保はアフガン再建の大前提である。アフガン国軍の増強を急ぎつつ、タリバーンを封じ込める努力を重ねなければならない。
今回、関係者がテロの巻き添えで負傷した日本の「ライクウオーター・プレス」は、4年前につくられた新しいNPOである。「子どもたちに夢見る機会を与えたい」と、創作映画の上映や靴を贈る運動を続けてきた。
次代を担う子どもたちの育成は、アフガンの国づくりの大きな柱である。安全にいっそう気を配りつつ、事件を乗り越えて活動を続けてほしい。